アーリージャズ名盤紹介

初期のジャズの名盤を紹介するブログ

Lionel Hamptonの初録音

2009年2月15日

このコーナーの紹介をする際に、前の記事でLionel Hamptonを引き合いに出したので、まずは彼の初録音から紹介。

この人は、1909年4月12日生まれで亡くなったのが2002年8月31日とのことなので、つい最近まで生きてらしたんですね。

Benny Goodmanのカルテットで有名なヴィブラフォン奏者ですが、実はヴィブラフォンに転向したのは1930年のことなのですが、それ以前はドラム奏者として活躍していました。そして、初録音もドラム奏者としてのものだったりします。

Paul Howard’s Quality Serenaders名義で1929年4月28日に録音された3曲に、ドラム奏者として参加しただけでなく、そのうちの1曲ではボーカルも披露しています。

収録されているCDとしては、Timelessレーベルの『Jazz in California, 1923-1930』を紹介します。

関連リンク

Comments

Leave a Reply